フェザータッチMAGIC


  • トップに戻る

  • ● 「利用案内」

    2024.5CALENDAR

    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    TODAY
    祝日
    • ・土曜、13時まで発送
    • ・日曜・祝日:発送休み

    2024.6CALENDAR

    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30


    後払い認定
    ★ スマホ決済もOK。
    バーコード読んで即お支払い
    ⇒詳細は、こちらから

    MMメンタル・ウォレット(秘かに情報を読み取る)のレビュー一覧

    MMメンタル・ウォレット(秘かに情報を読み取る)

    全商品一覧

    MMメンタル・ウォレット(秘かに情報を読み取る)

    評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5

    5.0

    (1件)

    全1件中1件表示

    • 橋本英司さん

      評価1
      評価2
      評価3
      評価4
      評価5

      5

      2019/07/03 16:43

       実演の際は、透視を演るのか読心術を演るのかで演技が変わってきますので、明確に決めてから手順構成します。私はメモ裏を読み取るという現象ではなく、心を読む演技として使っています。似て非なるものです。読心術演出のプレゼンが出来れば、用具に頼って覗き見たようには見えません。  経年劣化で破損し2つめとなった愛着あるピーク法のワレットです。13年使いました。軽くて扱いやすく、なんとなく品質が変わったような・・・結構しっかりしたかなと思います。  好みが分かれるピーク法ですから強く推奨するわけではありません。長所は場所を選ばないということです。照明の角度や明るさを問いません。照明は通常、演者を前から照らすものです。それでも場所を問いません。演じる場所を下見しておかなくても良いということです。  また、リフィルが要りません。筆記用具も用紙も何であれOKです。シンプルな仕組みでダイレクトに、瞬時に読み取ってしまい、それは完璧なものです。そうであるがゆえに、他のマジックと合わせ技で、半ばどさくさ紛れにミスディレクションをかけてピークしたり、複数の情報を当てる現象で1つの情報のみメモさせる等、工夫を要します。  10年以上も使っていれば誰もが「コイツが必ず仕事をしてくれる」と信頼できる道具があるでしょう。私にとってはMMワレットがその1つです。  通常のヒンバーワレットと異なり、A面とB面の内装に微妙な違いがあります。観客にはその差異がわからないレベルです。ヒンバーワレットとして使う場合に、演者にとってはそれが目印になって好都合です。ただし、そんなに多くの枚数のトランプは入りませんので、マルチプルアウトに使うならワレットがカードの厚みで浮いたり歪んだりしないよう、気をつけてください。スイッチすることは問題なく可能です。開閉も片手でスムーズです。両面が同時に開いてしまうようなアクシデントもありません。(ヒンバーワレットとして使用するなら、Z型ジッパー付きミニヒンバーウォレットのほうがMMワレットよりも優れていると思います。)  このテのピークワレットは通常、ターゲットとなる紙片をワレット内のポケットに入れて、一旦ワレットを閉じますが、閉じないで開いたままテーブルに放置しておいたほうが、情報を言い当てた時とても不思議に見えるものです。少なくともそのように見える構成で演じると、ヒンバーワレットを知っている人をひっかけることも可能です。愛着、好みで、最高の評価、星5つです。(MMとはMagicians Mentalismの略のようです。今回、フェザータッチMAGIC様の解説書で初めて知りました。)    
    • 1