スモークマシーンのメンテ2

「ベイパー」、「スモーク2.0」のメンテナンス

● スモークマシーン「ベイパー」「スモーク2.0」で、一番多いトラブルが、充電後カートリッジを付けてもスモークが出なくなったというものです。

● この原因として多いのが、バッテリーとカートリッジ(またはヒーター)の中央にある端子(接点)が少しへこんでしまい、しっかりと接触していないことが原因です。

★ どちらも、中央端子はシリコンチューブのようなものでバネのように押さえています。

★ これが例えば充電時に、端子が押さえ込まれてしまい少し凹んだ状態になっていることが多いです。

時間が経つと戻ってくることもありますが、簡単には、充電の度に中央接点部を少し持ち上げてあげることです。

● バッテリー部では、写真の様にようじの先等を使って、周りから少しこじるようにして0,1㎜から0.2㎜程度戻す(持ち上げる)ようにすると良いです。(ショートさせないように、金属ピンは使用不可)

● カートリッジ部(ベイパーでは、ヒーター部)も、写真の様にピンの先端等を使って、中央の穴に差し込み、少しゆするようにして0,1㎜から0.2㎜程度持ち上げるようにすると良いです。

● こうしてからカートリッジをバッテリーに差し込めば、間違いなく接触できますので、充分なスモークを得ることができます。

★ 充電できなくなった時も、この中央接点が押し込まれてしまい、接触していないことが有り得ます。
 充電器側も、電池側も双方の中央接点を一度引き上げて再度お試しください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です