ESPカードについて

メンタルマジックでは、

メンタルマジックでは、カードマジックに使う一般的なデック(トランプ)の代わりにESPカードが使われます。
このESPカードには、5種類のマークが印刷されています。⇒5種類のシンボル

 

ハンドリング

ESPカードを使った手順では、カードマジックのようなハンドリングは、最小限にとどめておくことを提案いたします。
マジッシャンの世界で行われるように、カードをファンのように開いたり、カードコントロールをすることは避けた方がよいでしょう。
一般的なカードマジックで行われるフォールスカットやフォールスシャッフルではなく、「Charlier Shuffle:シャーリエ・シャッフル、ヘイモー・シャッフル」としても知られている、フォールスシャッフルが適していると思います。
いかにも適当にシャッフルしたように見えます。
⇒次のブログで紹介しています。

シンボル

また、これらを“カード”と呼ぶより“シンボル”と言うことをお薦めします。
⇒「5つのシンボルがあります」、「お好きなシンボルを選んでください」

手順

カードマジックのいくつかの手順をESPカードで演じるだけで、がらっと雰囲気の変わったメンタルマジックになり得ます。
2人が選んだカードがメイトカードで一致するという現象よりも、同じシンボルを選んだという現象のほうが分かり易く不思議さも増しています。
当店別売の「シンボロジー・デック」には、ESPシンボルの魅力を生かした10数種類の手順、イフェクトが解説されています。ご参考に。

カード裏柄

ESPカードも、カードマジックぽっさを消したいということであれば、バイスクル柄ではなく、独自のメンタルマジックっぽいデザインの柄のものが良いでしょう。
今でしたら「ESPオリジンズ」というデザインで、赤裏、青裏、黒裏のものが商品としてあります。
また、そういった柄の無い、裏面が黒ベタ、赤ベタ印刷のESPカードもあります。
「超ESP3」付属のデック

ESPシンボルを使った、神秘の世界をぜひ演じてみてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です