充電電池のメンテ

電子メカ内蔵の充電電池について

● 最近の電子メカには一昔前の乾電池に替わって、大半は充電電池内蔵となっています。
● 使い方、保管の仕方によっては寿命を短くしてしまう恐れもあります。

保存

1. 満充電(残量100%の状態)での保存

● 電源アダプターをつないだままにしていると、「満充電保存」と呼ばれる状態になります。
これは劣化の原因になります。⇒寿命を短くします。
電源アダプターをつないだまま残量100%の状態での使用・放置は禁止。

2. 残量0%状態での放置

● 満充電状態がバッテリー劣化の原因になる一方で、「過放電(残量0%の状態)」もその原因になります。
バッテリー残量が0%の状態で長期間(半年~1年)放置しておくと、内部の素材が劣化し、再充電ができなくなる恐れがあります。

⇒定期的に充電しておくことが大事です。小さい容量の電池であれば3か月から半年ごと、それ以外であれば1年ごとに再充電して保管することが重要です。

● バッテリーが0%の状態で放置しないことですが、0%になってからそれほど経過していなければ、すぐに充電すれば戻る可能性があります。

とにかく、しばらく使わない場合にも定期的に充電し、残量が30~70%ある状態をキープすることです。(100%で保管よりも70%程度の保管が良いようです)

充電と寿命

● 充電池の寿命は、充電回数でも決まってきます。

● 頻繁に充電を繰り返していると、それだけで寿命を短くしてしまいます。

劣化の要因としては、

① 充電と放電を繰り返すことで劣化する「サイクル劣化」
② 満充電や電池切れ状態(その付近も含む)で放置することで劣化する「保存劣化」
③ 共通的に電池劣化を加速させる要因として「高温環境」

● 一般的に、300回から500回の充電で寿命になると言われています。
⇒あまり電池容量が減っていないのに、使用の度にフル充電を行っていると、早めに寿命がきてしまいます。(充電回数)

⇒電池容量が分かる機器であれば、残量が30~40%になった時にフル充電。保管は70~80%で行うというのがお勧めです。

 

Follow me!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です